JT-ART-OFFICE (JAO) アートは心の窓、いま美術を一人ひとりの手に。

JT-ART-OFFICE アートは心の窓、いま美術を一人ひとりの手に。
Home

exhibition & art fair
ミタカ・キイタカ・野次馬サイト(美術・アート)
ジョージカフェ  美術・アート
ポップアップ美の人 美術・アート
アート解放区  美術・アート
書籍販売  美術・アート
information bureau
スポンサーサイト
 

profile

勅使河原 純(てしがわら・じゅん)

美術評論家

生年月日 : 1948年6年9日
出生地 : 岐阜県
事務所 : 〒180-0006 東京都武蔵野市中町1-17-7三興ビル401
Tel ・ Fax : 0422-38-9308
現住所 : 〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町3-16-16
Tel ・ Fax : 0422-47-6020



信条 「有名なものだけがアートじゃない」、「現場百遍 書き損じ百遍」、「美術は心の窓」
方針 執筆・講演・講評・キュレーション等を通じ「美術の面白さをひろく伝え、アートライフの充実をはかる」活動を目指す。幼児から熟年世代まで、人々の生活をアートで活気づけるプログラムに力を入れている。さらにミュージアム、ギャラリー、学校、行政、ジャーナリズム等と連携し、アートを実生活へとつないでいくシステムづくりを研究実践している。
現在 美術評論家連盟常任委員ならびに監査委員・AICA国際美術評論家連盟会員、(公財) 三鷹市芸術文化財団理事・同美術ギャラリー・アドバイザー、川崎市芸術文化振興会議施設部会長、川崎市市民ミュージアム指定管理者選定評価委員、かわさき市美術展運営委員、相模原市美術品等収集委員、渋谷区松濤美術館公募展審査員長、日本板画院理事、日本画院顧問、中央美術学園評議員、日本チャリティ協会評議員、東日本大震災復興支援 未来絵PROJECT「絵のちから」展総合監修者、パラアートTOKYO展運営委員、日台芸術博覧会総合監修者
これまで 東京大学・東京藝術大学・女子美術大学・かわさき市民アカデミー非常勤講師。東京国立近代美術館・東京都現代美術館・横浜美術館美術品等収集委員。東京都写真美術館外部評価委員、東京都文化政策策定検討委員。美術史学会・明治美術史学会会員。
職歴 民間企業勤務を経て世田谷美術館主任学芸員、美術課長、学芸部長、副館長となる。同館を退職後、美術評論事務所JT-ART-OFFICEならびにアートサイト「JT-ART-OFFICE」を設立主宰し、今日に至る。
学歴 都立西高校、東北大学文学部美学美術史学科卒業。
家系 勅使河原氏は武蔵七党の丹党から出た武家。武蔵賀美郡勅使河原を領した。始祖は勅使河原丹次郎直時。その孫有直は源頼朝に従い、源義仲追討に奔走。その子孫直重は南北朝内乱時に新田義貞に従った。現在、勅使河原姓を名乗る者は草月家、舞踏家などを含めて全国で720軒ほどといわれるが、そのすべてがここに発する一族である。
賞罰 第7回倫雅美術奨励賞、第22回シェル美術展佳作賞
データ更新日2017年2月3日

 


スポンサーサイト・ガイドお問い合わせ
このホームページに記載されている記事・写真などの無断複製、無断転載を禁じます。
Copyright© 2009-2017 JT-ART-OFFICE All Rights Reserved.